バストアップと遺伝は関係しているといわれていますが、これは本当なのでしょうか? 結論からいうと、遺伝でバストの大きさが変わるということはありません。 確かに、母親のバストが小さいとその娘のバストも小さいことがありますが、これは遺伝ではなく、生活習慣との関わりの方が大きいです。 同じような生活習慣をしていれば、母親と娘のバストの成長具合は似ます。 例えば、バストが大きくなる食生活をしている家庭であれば、それだけ大きくなる可能性が高くなりますし、そうではなければ、母親、娘ともに小さい可能性が高いです。 「バストが小さいのは遺伝だから仕方がない」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはないので諦めないでください。 どなたにもバストアップできる可能性はあるので、日々の生活習慣を見直してみた方が良いかもしれません。 特に、食生活と睡眠はバストアップと深く関係していますから、タンパク質をなるべく多めに摂取するとか、睡眠時間をしっかりと確保するといったことを意識してください。